関西特許研究会トップページ > 過去のイベント紹介 > 2009夏季セミナーのご報告(2日目 ゴルフ)

関西特許研究会についてのご説明や組織図・幹事紹介・会則・過去のイベントについて掲載しています。

2009夏季セミナーのご報告(2日目 ゴルフ)

雑木林へと誘うOB杭たち

4-1.JPG ゴルフ親睦会は、宝塚高原ゴルフクラブを舞台に、室谷和彦先生、金世元先生、吉田昌司先生、楠本高義先生、西木信夫先生、宇治美知子先生、上羽秀敏先生、筆者の2組8名の参加を得て、終始楽しい会となりました。

 関西弁理士きっての雨男を自負する筆者が幹事であったため、「雨が降ったらどうしよう・・・」と内心ビクビクしていましたが、自他ともに認める関西、いや日本の弁理士きっての晴れ女先生の神通力により、素晴らしい晴天の中でラウンドできました。プレー中はあまりのカンカン照りに、「ちょっとくらい雨が降った方が涼しくていいかも」との声が聞かれたくらいでした。

 宝塚高原ゴルフクラブは、アップダウンが結構きつく、フェアウエイを外すとすぐそばでOB杭が微笑んでいるという、なかなか手厳しいコースでした。スーパースライサーの筆者はOBを連発し、ほとんど正規のフェアウエイから第2打を打てませんでした。参加された先生方も「難しい!」「やっても~た~!」と口々に弱音を吐露されていました。

4-2.JPG そんな中にあって、室谷先生は昨年の優勝者の実力を存分に発揮され、見事ベスグロ(87)を受賞されました。また、KTK夏季セミナーに参加するために韓国からお越しいただいた金先生は、何年かぶりのラウンドとのことでしたが、力感あふれるショットを随所に披露され、「芯を喰えば、300ヤードドライブも夢ではない!」と同組の先生から絶賛されていました。
4-3.JPG
 プレーの後は、レストランで表彰式を執り行いました。ダブルペリア形式で争った結果、優勝は36という莫大なハンデを叩き出した(?)筆者が頂戴しました。自身が優勝というのはコンペ幹事にあるまじき行為であり、これまた「やっても~た~!」でしたが、自分の嗜好だけで選んだスイーツばかりの景品には正直なところちょっと頬が緩みました。

 一通り表彰式を終えたあと、参加された先生一人一人からご挨拶をいただき、来年の夏季セミナーコンペでの再会を誓って、ゴルフコンペをお開きとしました。 (臼井 尚)

<< 前へ次へ >>

関西特許研究会とは

会員情報の更新をお願いいたします。

KTKニュースの送付、メールでの最新情報のお知らせを行っておりますが、これらが届かない場合がございます。登録された情報に変更があった場合には、お早めに更新をお願いいたします。

*転居等でKTKニュースの送付先が変わる場合、郵便局への転居届に加えて会員情報の更新が必要です。*

「会員情報変更等はこちら」から更新できます。

関西特許研究会・事務局へのお問合せ

会員情報に関する連絡、
お問い合わせは下記にお願い致します。

お急ぎの方 原 智典 <渉外担当幹事>
電話:06-4707-2021

Webサイトからのお問合せはこちら

このページの先頭へ戻る

関西特許研究会

Copyright (c) Kansai Patent Attorneys Study Group All Rights Reserved.

トップページ | プライバシーポリシー | リンク集 | お問合せ | サイトマップ