関西特許研究会トップページ > 会合案内 > 2017年4月20日(木)判例研究班

会合案内

関西特許研究会の会合案内を掲載しています。会合への申し込みは、会合日前日の13時までとなっております。

2017年4月20日(木)判例研究班

日時

平成29年4月20日(木)6:30~8:30p.m.

場所

日本弁理士会近畿支部室 会議室

テーマ

「実用新案権に基づく権利行使の強さ・危うさ ~絶対!知っておいてお得 判例シリーズ⑮」

講師

松永 裕吉 先生

概要(講師より)

特許と違い、実用新案は権利行使に当たって実用新案技術評価書を提示して警告した後に無効にされると逆に損害賠償を請求されるおそれがあるといった危うさがあります。そのような権利行使のし難さを嫌って、お客さんから実用新案の相談を受けてもついつい特許出願を勧めてしまうことがあります。そこで実際の侵害事件から、実用新案権に基づく権利行使の強さ・危うさを探ってみたいと思います。

判例速報

 会合の冒頭の10~15分程度で、最新の知財高裁の注目判例を簡単に紹介します。会合に参加するだけで、知財高裁の判例をチェックできます。

班長メッセージ

 判例研究班は、判決を題材として実務についてディスカッションする場を目指します。発表者は、現在、ほとんどの場合、偉い先生ではなく、合格からあまり年数を経ていない方が中心となっています。プレゼンの機会にもなっています。お気軽に、是非ご参加下さい。

(佐々木 健一 記)

⇒申し込みはこちらから(KTKニュース記載の「パスワード」要)

                                ※申込みキャンセルもこちらから行ってください -

<< 前へ次へ >>

ご入会・会員情報変更

会員情報の更新をお願いいたします。

KTKニュースの送付、メールでの最新情報のお知らせを行っておりますが、これらが届かない場合がございます。登録された情報に変更があった場合には、お早めに更新をお願いいたします。

*転居等でKTKニュースの送付先が変わる場合、郵便局への転居届に加えて会員情報の更新が必要です。*

「会員情報変更等はこちら」から更新できます。

関西特許研究会・事務局へのお問合せ

会員情報に関する連絡、
お問い合わせは下記にお願い致します。

お急ぎの方 向林 伸啓 <渉外担当幹事>
電話:06-6364-8128
FAX :073-403-2456

Webサイトからのお問合せはこちら

このページの先頭へ戻る

関西特許研究会

Copyright (c) Kansai Patent Attorneys Study Group All Rights Reserved.

トップページ | プライバシーポリシー | リンク集 | お問合せ | サイトマップ