関西特許研究会トップページ > 会合案内 > 2018年3月6日(火)特実部会、国際部会、外国特許実務研究班&医薬バイオ特許研究班 合同会合※

会合案内

関西特許研究会の会合案内を掲載しています。会合への申し込みは、会合日前日の13時までとなっております。

2018年3月6日(火)特実部会、国際部会、外国特許実務研究班&医薬バイオ特許研究班 合同会合※

日時

2018年3月6日(火)  18:30~21:00

場所

日本弁理士会 近畿支部 会議室

講師

ベーカー&マッケンジー (ワシントンD.C.事務所)

Richard Wells (リチャード・ウェルズ)先生

Wells先生はワシントンD.C事務所 の知的財産グループに所属。

Wells先生は知的財産法、特に特許関連分野(デューデリジェンス、起訴、カウンセリング、訴訟)に15年経験持つ人である.当事務所に入所する以前は、ノルウェーのオスロでSchlumbergerの子会社であるWesternGecoの知的財産弁護士を務めた。当時、彼は数百の特許のグローバル特許ポートフォリオを管理し、定期的に競争的意思決定について知的財産権観点から助言した。また連邦地方裁判所および国際貿易委員会で、特許侵害訴訟に対する主張と防御の両方において、広範な特許訴訟経験を有する。また、特許審判委員会に日常的に出席し、特許の中間審査を主張または防御する。彼も特許デューデリジェンス、訴追のサポートとカウンセリングの業務を提供。

Chia-Feng Lu (ロ・チア・フィン) 先生

ロ先生はワシントンD.C事務所の知的財産グループ及びコーポレートM&Aグループに所属。

当事務所において,ある大手日本製造業会社のコンサルティングを提供している。京都大学、北里大学の非常勤教職員としても任命されている。日常的に知的財産権の開発、利用、移転を含む取引における知的財産の問題(M&A、ライセンス取引、研究開発、ライフサイクル管理、営業秘密の保護や盗難などのデューデリジェンスなど)を扱いしている。R&Dと製造企業の営業秘密保護システムと危機管理計画の構築に豊富な経験を持つ法律専門家中にごくわずかの一人である。彼はサイバーセキュリティとデータプライバシー分野でも高い評価を受けている。彼はベンチャー企業や学術機関と緊密な協力関係を持つ。また日本語、英語、中国語と台湾語は堪能である。

話題(Topic)

独創的な知的財産戦略を採用して、海外市場で成功する方法

(How we will be able to succeed in the foreign markets by adopting a creative intellectual propertystrategy)

内容

Frame the patent strategy - by Richard Wells(リチャード・ウェルズ)

Defensive Measures

・ Understand your competitors - how litigious are they? Have they enforced patent rights in thepast? What is their market share? Who are their customers? Same as yours?

・ Identify pitfalls - what are the competitive patents relative to your product? What is your non-infringement position?

Invalidity position?

Offensive Measures

・ Identify your patent strategy - ensure robust filings around your product to ensure broadestpossible exclusivity

・ Consider challenges to competitive patents - the IPR process provides a cost effective route tochallenging validity of patents。

Frame the trade secrets strategy by Chia-Feng Lu (ロ・チア・フィン)

Four step approach - Trade secrets protection in various settings: open innovation model、 partnership、licensing、 and M&A。

・ Identify trade secrets - Shall we protect our IP via patent、 trademark、 or trade secrets?

・ Create and maintain the inventory of trade secrets - How do we categorize the importance of tradesecrets?

・ Implement protective measure - How could we develop and implement our protective measure in thebusiness?

・ Develop misappropriation action plan - How could we effectively manage the crisis?

講義は日本語で行いますが、質疑応答は英語/日本語/中国語いずれでも対応可能です。

お願い

・懇親会参加の方は3月2日までに参加申し込みください。なお、懇親会参加申し込みの方で、会合前日・当日に懇親会をキャンセルされた方は、大変申し訳ございませんが、キャンセル料金が発生するのでご注意ください。

その他:

この研修は、日本弁理士会の継続研修として認定申請を行う予定です。認定を受けると、この研修を受講して所定の申請を行うことにより、外部機関研修として2.0単位が認められます。

(中西博行 記)

この研修は、日本弁理士会の継続研修としての認定を受けています。この研修を受講し、所定の申請をすると、外部機関研修として2.0単位が認められます。

受講料について: KTK会員は無料です。非会員の方は5000円です。

⇒申し込みはこちらから(KTKニュース記載の「パスワード」要)
                                 ※申込キャンセルもこちらから行ってください

申し込みが完了しますと、自動返信メールが送信されます。
当該メールが受講票となりますので、会合当日は、当該メールを印刷の上、ご持参下さい。

⇒KTK会員でない方はこちらから(会合名を記入してください。)

<< 前へ

ご入会・会員情報変更

会員情報の更新をお願いいたします。

KTKニュースの送付、メールでの最新情報のお知らせを行っておりますが、これらが届かない場合がございます。登録された情報に変更があった場合には、お早めに更新をお願いいたします。

*転居等でKTKニュースの送付先が変わる場合、郵便局への転居届に加えて会員情報の更新が必要です。*

「会員情報変更等はこちら」から更新できます。

関西特許研究会・事務局へのお問合せ

会員情報に関する連絡、
お問い合わせは下記にお願い致します。

お急ぎの方 向林 伸啓 <渉外担当幹事>
電話:06-6364-8128
FAX :073-403-2456

Webサイトからのお問合せはこちら

このページの先頭へ戻る

関西特許研究会

Copyright (c) Kansai Patent Attorneys Study Group All Rights Reserved.

トップページ | プライバシーポリシー | リンク集 | お問合せ | サイトマップ