関西特許研究会トップページ > 会合案内 > 2018年6月29日(金) 著作権会合※

会合案内

関西特許研究会の会合案内を掲載しています。会合への申し込みは、会合日前日の13時までとなっております。

2018年6月29日(金) 著作権会合※

日時

2018年6月29日(金)6:30p.m.-8:30p.m.

場所

日本弁理士会 近畿支部 会議室

テーマ

音楽業界の権利ビジネス

講師

株式会社ループホール 代表取締役 城田 晴栄 弁理士

概 要(講師より):

ここのところ何かと話題のJASRAC。お騒がせするつもりはないのでしょうが、世間の評判はあまり良くなさそうです。JASRACが何かするとすぐにニュースになりますし、インターネット上にもJASRACの批判が溢れかえっています。私が音楽業界に入った頃には、JASRACなんて業界人以外にはほとんど知られていなかったのに、いやはや、いつの間にこんなにメジャーになったものやら・・・びっくりです。

でも、皆さん、JASRACは本当に「悪い」団体なのでしょうか?「悪い」のだとしたら何が「悪い」のでしょうか?

私は長年、JASRACと密な関係性の下、楽曲やアーティスト関連の業務をしてきました。そして、この2-3年は、弁理士として、音楽業界外で、音楽著作権や音楽ビジネスをメインとした講演を行う機会を数多く頂いております。

講演会を行う中で私は、音楽業界では当たり前の知識が、業界の外にはまったく知られていないことに気づきました。もちろん、普通は他業界のことなどなかなか知り得ないものですし、知らなくても何ら問題はありません。

ところが、音楽業界に限っては、他業界と異なる特有の問題があります。それは、「音楽業界」は知られざる世界であっても、「音楽」は世の中の誰もが知っている身近なものであることです。身近な「音楽」に課金するJASRAC。音楽業界の仕組みを知らなければ、悪者と思われても仕方がないかもしれません。

本講演では、そんな知られざる音楽業界の構図や、音楽業界における著作権・著作隣接権の仕事内容、JASRACは果たして本当に「悪い」のかなど、音楽業界人の講師がリアルな業界話を交えながら楽しく解説いたします。

その他(幹事より):

講演を依頼するに当たって私から城田先生にお願いしたこと、それは、下記2点です。
「弁理士会等では行えないような、突き抜けた内容について講演を行なってください!」
「城田先生の独自の視点をふんだんに取り入れた内容にしてください!」
城田先生は、快く受け入れてくれました。城田先生の磨き上げられた講演を聞けば、きっとJASRACが悪くないことが理解できるでしょう。でも、城田先生の文面だけを見ると、JASRACに怒られないか心配です。怒られた場合には、城田先生と一緒にJASRACに頭を下げる所存です。

本会合は、日本弁理士会の継続研修(2単位付与予定)として申請手続き中です。

本会合後、懇親会を開催する予定です。懇親会への参加をご希望の方は、会合申し込みフォームにて、その旨ご連絡下さい。 懇親会の前日または当日にキャンセルされた方につきましては、キャンセル料が発生する場合が御座いますので、ご了承下さい。

(特許・実用新案部会担当幹事 古山 裕 記)

この研修は、日本弁理士会の継続研修として申請中または申請予定です。この研修を受講し、所定の申請をすると、外部機関研修として2.0単位が認められる予定です。

受講料について: KTK会員は無料です。非会員の方は5000円です。

⇒申し込みはこちらから(KTKニュース記載の「パスワード」要)
                                 ※申込キャンセルもこちらから行ってください

申し込みが完了しますと、自動返信メールが送信されます。
当該メールが受講票となりますので、会合当日は、当該メールを印刷の上、ご持参下さい。

⇒KTK会員でない方はこちらから(会合名を記入してください。)

次へ >>

ご入会・会員情報変更

会員情報の更新をお願いいたします。

KTKニュースの送付、メールでの最新情報のお知らせを行っておりますが、これらが届かない場合がございます。登録された情報に変更があった場合には、お早めに更新をお願いいたします。

*転居等でKTKニュースの送付先が変わる場合、郵便局への転居届に加えて会員情報の更新が必要です。*

「会員情報変更等はこちら」から更新できます。

関西特許研究会・事務局へのお問合せ

会員情報に関する連絡、
お問い合わせは下記にお願い致します。

お急ぎの方 原 智典 <渉外担当幹事>
電話:06-4707-2021

Webサイトからのお問合せはこちら

このページの先頭へ戻る

関西特許研究会

Copyright (c) Kansai Patent Attorneys Study Group All Rights Reserved.

トップページ | プライバシーポリシー | リンク集 | お問合せ | サイトマップ