関西特許研究会トップページ > 関西特許研究会とは > 幹事紹介(現幹事・歴代幹事)

関西特許研究会について

関西特許研究会についてのご説明や組織図・幹事紹介・会則・過去のイベントについて掲載しています。

関西特許研究会 幹事集合写真

KTK2019年度 代表幹事 吉岡 亜紀子 就任のご挨拶

 2019年のKTK代表幹事に就任致しました吉岡 亜紀子(よしおか あきこ)です。
 KTKでは2009年に渉外担当幹事を務めさせていただきました。10年後にまた幹事の一員に戻ってくることができまして、たいへん光栄に思っています。  2018年の代表幹事を務められた齊藤整先生には、弁理士試験の受験勉強を教えていただいた時からずっとお世話になっています。軽快な語りとともに、ホワイトボードを「商品 あめちゃん」「あま〜い あ〜まい 識別力?」などという単語でどんどん埋めながら、商標って奥が深い!商標実務っておもしろい!と全身で語るご様子に、私もこんな弁理士になれたら楽しいだろうなと、明るい期待だけをもって勉強を続けられました。齊藤先生は、合格してからもいつも新しい出会いやチャンスを与えて下さって、感謝しかありませんが、まさかKTKの代表幹事を齊藤先生から直接引き継がせていただくことになるとは想像もしていませんでした。
  2007年に弁理士試験に合格してすぐ、その年のある合格祝賀会に参加しましたが、知らない人ばかりの中、人見知りぶりを発揮して、すみっこに引っ込んでおりました。しかし、その会の半ばに、翌2008年のKTKの代表幹事を務められるという川上桂子先生のスピーチがあり、そのご様子がとても素敵で、生き生きとしていらして、笑顔がきらきらして見えて、私もKTKという会に入って、こんな風になりたい!と思ったのを覚えています。
 もちろんすぐにKTKに入会し、様々な会合でたくさんの刺激を受けて、夏季セミナーを初めとするいろいろなイベントを満喫しました。時には議論の熱さとスピード感に圧倒されながら、時には自分の発表にあたたかいフィードバックをいただいて感激したりしながら、こんな風になりたい!あんな風にもなりたい!と思う先生方と、KTKを超えた様々な場面でもご一緒させていただくようにもなり、たいへん幸せに10年が経ちました。
 こうして振り返りますと、この10年間、KTKではいつも、お手本にしたくなるような、一緒に何かしたくなるような仲間に恵まれていたことを実感します。今、私自身はまだ、こうなりたいと思った先生方のように素敵になっていないのに、2019年の代表幹事をお引き受けすることになってしまいました。それでも、先日のKTKの忘年会では、歴代の代表幹事の先生方からも、研究班でご一緒させていただいた先生方からも、楽しみにしているとあたたかく励ましていただき、KTKではいつもこうして、信頼しあって励まし合って、本当に、仲間で作っている会なんだなあ、私も仲間に入れてもらっているんだなあと、改めてありがたく心強く感じました。私に何ができるか、まだわかりませんが、皆さんがこれまでにして下さったように、仲間の実現したいことが実現するように、一緒に力を合わせていきたいと思っています。会合やイベントで、KTKでどんなことが実現できたら嬉しいか、たくさんの方々からお伺いできることを楽しみにしております。
 また、忘年会で一緒にステージに上がった2019年の幹事仲間たちがたいへん個性的で、ひとりひとり違った風にきらきらしていましたので、きっと2019年も、会員の皆さまにとっても、刺激的で楽しい一年になるに違いないと思います。
 2019年もKTKをどうぞよろしくお願いいたします。

KTK2019年度 総務幹事(渉外担当) 小西 崇仁 ご挨拶

 

原先生の後任として1年間渉外担当幹事を務めさせていただきます、小西崇仁(こにし たかひと)と申します。現在企業で勤務しており、2018年度国際部会幹事の齋藤先生からお声がけいただきました。
 渉外担当幹事の主な業務は、KTKへの入退会の受付け,会員情報の管理・更新,KTKニュースでの新入会者のご紹介,会合参加者の出欠確認などがあり、会員の皆様の窓口となります。
 弁理士経験の浅い私が長い歴史と多くの会員の方を有するKTKの運営という非常に重要な役職に就かせていただくことになり、とても感謝しております。
 1年という短い期間ではありますが、一生懸命励んでいきたいと思います。

KTK2019年度 総務幹事(会計担当) 石田 知里 ご挨拶

 津田先生の後任として、1年間会計幹事を務めさせて頂きます石田知里(いしだちさと)と申します。
 KTKには、合格直後に入会させて頂き、その後、研究班の方にも定期的に参加させて頂いており、大変お世話になっております。そのような中、幹事のお話しを頂き、普段お世話になっている会で、何かさせて頂ける良い機会を頂けたと思い、あまり迷うことなくお引き受けさせて頂くことに致しました。また、諸先輩方から、幹事会は、何年にも渡って付き合える仲間とも知り合える機会でもあるとお伺いしておりましたので、このような機会を頂きましたことに感謝致します。
 。1年間精一杯努めさせて頂きますので、至らない点もあるかと存じますが、何卒宜しくお願い致します。

KTK2019年度 総務幹事(ニュース担当) 北川 孝之助 ご挨拶

 フランクな場で名乗ると「本名ですか?」と言われることが多い名前ですが、「識別力が強い!」と(極稀に)いじってくださるこの業界に居心地の良さを感じつつある北川です。
 薄い顔をしタッパもないため、名前だけが目立ってしまうのだと思いますが、何時ぞや見かけられました折にはお声をかけてください。満面の笑みと広島弁をお返しします。
 ニュース担当が何であるかを把握しきらないままにお引き受けし、やっていけるのだろうかと不安を抱えておるところです。が、やると決まった以上、精一杯努めさせていただく所存です。まだまだケツは真っ青です。真っ赤に染まるようなご鞭撻を頂戴できればと思っております。
 1年間どうぞ宜しくお願い致します。

 

KTK2019年度 総務幹事(情報担当) 久村 吉伸 ご挨拶

 前任の奥山先生の後を引き継ぎ、2019年度情報担当幹事を務めさせていただきます久村 吉伸(ひさむら よしのぶ)と申します。
 もともと関西生まれ関西育ちですが、4年ほど東京に住んでいまして、今年の3月に無事関西に戻ってきました。KTKの活動に積極的に参加したいと考えていたところ、お声がけをいたき、幹事をやらせていただけることになりました。
 情報担当幹事の主な仕事は、ホームページ、メール、Facebook等により、KTKの目的である研究や親睦に関する情報を会員の皆様に伝えることです。皆様から頂いた有益な情報や、幹事会、忘年会、夏季セミナー、野球大会等での情報を、なるべく早く的確に発信していきたいと思います。Facebookでの情報発信には写真も必要ですので、撮影の際には皆様ご協力下さい。またUPして欲しい写真、情報等がありましたら、私宛に送ってください。
 至らない点も多々あるかと思いますが、一年間どうぞよろしくお願い致します。

KTK2019年度 特許・実用新案部会幹事 藤原 賢司 ご挨拶

 特許・実用新案部会の担当幹事を務めさせて頂きます、藤原 賢司(ふじわら さとし)と申します。  歴史あるKTKの特実担当幹事を務めさせて頂けることを大変光栄に思います。
 私事ですが、2015年頃から淡路島にハマっておりまして(のどかで飯が美味い!)、3ヶ月に1度の淡路島旅行を目標に日々仕事に邁進しております。KTKにおきましては、淡路島旅行と同等、若しくはよりハイペースでセミナーを企画していきたいと思います。
 インハウス弁理士及び事務所弁理士の双方にとって有益なセミナーを企画できればと思いますので、一年間どうぞ宜しくお願い致します。

KTK2019年度 意匠・商標部会担当幹事 服部 京子 ご挨拶

 2018年度の意匠・商標部会の幹事を務めさせて頂きます、服部京子(はっとり きょうこ)と申します。
 右も左もわからない状態で勢いだけで知財業界に入りましたが、思った以上に自分に合っていたのか、かれこれそれなりの年数が経ちました。KTKには弁理士試験合格と共に入会したものの、会合に参加できない状態が続いていた中、少しずつではあるものの会合に参加させて頂くようになった折に、こうして意匠・商標部会の幹事にお声掛け頂き大変光栄に感じております。
 KTKの会合では、事務所勤務の方と企業勤務の方をはじめ、年齢も立場も異なる方が意見を交わし、議論をすることができる貴重な場であると感じております。また、白熱した議論の一方で、懇親会においては一転、和気あいあいとした雰囲気の中で、思い思いの形で交流ができ、こちらも楽しみの一つです。
 意匠・商標は日常生活においても目にする身近なものです。法律や制度ももちろんですが、身近なものであるからこそ、法制度に留まらず活発な議論ができる場をご提供できればと考えております。
 諸先輩方が築き上げてこられたKTKの名に恥じぬよう、精いっぱい努めてまいる所存ですので、何卒よろしくお願い致します。

 

KTK2019年度 国際部会担当幹事 藤原 有希 ご挨拶

 前任の齋藤明子先生の後を引き継ぎ、2019年度国際部会の幹事を務めさせていただきます、藤原 有希(ふじわら ゆき)と申します。
 KTKとは、弁理士試験に合格した年に忘年会で合格を祝っていただき、その日に入会してからのご縁です。この度、お声がけいただき、光栄であると同時に、やっていけるのだろうかとの不安もあります。皆様のご指導を賜りながら、2019年度の他の幹事の方とも協力して、この1年間精一杯務めさせていただく所存です。
 日々の業務で外国実務に携わっており、国際的な視野を持つことの重要性を感じています。国際部会では、国際的な実務や最新の動向などを研究し、また親睦を深める場をご提供できるよう努めてまいります。
 また、私自身、これを機に見識を広め、皆様と親睦を深めることができればと思っております。
 どうぞよろしくお願いいたします。

KTK2019年度 訴訟実務部会幹事 瀬川 左英 ご挨拶

 燻R先生の後任として、2019年度訴訟実務部会の幹事を務めさせていただきます、瀬川 左英(せがわ さえ)と申します。  KTKには3年ほど前に入会し、意匠・商標部会や商標審判決研究班の活動を中心に参加させていただいております。今回、これらに比べると参加頻度が少ない訴訟実務部会の幹事としてお声かけいただき、大変光栄であると同時に、身の引き締まる思いでおります。
 KTKの会合に参加して常々感じることは、会員の皆様が、KTKの目的である「研究」と「親睦」に常に全力で取り組まれている、ということです。  特・実を含め幅広い法域を取り扱う訴訟実務部会において、普段商標を専門にしてる私に、幹事が無事務まるのかという不安はありますが、ベテランの先生方、若手の先生方、また、普段訴訟案件を数多く取り扱われている先生方、そうでない先生、皆様に興味を持って参加していただけ、思う存分「研究」と「親睦」に取り組んでいただけるような部会にできれば、と考えております。
 因みに、わたくし、ビールとワイン(その他酒類全般)をこよなく愛しております。懇親会にご参加いただいた暁には、皆様が全力で「親睦」できるよう、わたくしも全力でサポートさせていただく所存です。是非懇親会にもご参加下さい。
 至らない点も多々あるかとは存じますが、本年度の幹事と協力し、KTKのさらなる発展を目指して1年間努めてまいる所存ですので、何卒、ご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願い申し上げます。

KTK2019年度 親睦部会担当幹事 白鹿 剛 ご挨拶

 親睦幹事を担当させていただくことになりました白鹿です。
 数年前にニュース担当総務幹事として忙しくも楽しい一年を過ごし、「一回やったしもう幹事になることはないだろう」とのんきに過ごしていました。このままのんきに会員ライフを満喫しようと思っていたのですが、思いがけずお誘いをいただくことになり、2度目となるKTK幹事を引き受けました。
 今年も幹事会には多彩なメンバーが揃っております。これまで脈々と受け継がれてきたKTKの精神を大切にしながら、皆で相談して、今年らしさがあるような企画を進めていければと思っております。
 どうぞよろしくお願いいたします。

歴代幹事

代表幹事 総務幹事 部会担当幹事
渉外 ニュース HP・情報 会計 特実 意商 国際 親睦 訴訟実務
2019 吉岡 亜紀子 小西 崇仁 北川 孝之助 久村 吉伸 石田 知里 藤原 賢司 服部 京子 藤原 有希 白鹿 剛 瀬川 左英
2018 齊藤 整 原 智典 藤井 孝秀 奥山 裕治 津田 愛子 古山 裕 宗助 智左子 齋藤 明子 吉本 力 高山 和也
2017 松井 宏記 向林 伸啓 松田 美幸子 白井 宏紀 片岡 泰明 山本 英明 和田 貴志 田中 宏明 杉浦 健文 森本 純
2016 梶崎 弘一 仲 達也 田中 信治 丸山 敏和 濱田 絵美 本田 史樹 田中 景子 山口 慎太郎 松下 計介 佐々木 健一
2015 坂根 剛 楠屋 宏行 大森 勇 藤岡 宏樹 江見 ありさ 大池 聞平 小野 正明 植田 吉伸 青木 覚史 赤塚 雅則
2014 楠本 高義 坪内 哲也 塩原 嘉男 熊谷 仁孝 細田 芳弘 森 俊也 川本 篤 松浦 昌子 小宮山 聰 松浦 かおり
2013 秋山 重夫 小谷 祐介 巴山 俊成 中川 秀人 岩元 浩司 山下 篤 村井 康司 山中 伸一郎 中村 忠則 千葉 美奈子
2012 古谷 栄男 春名 真徳 白鹿 剛 佃 誠玄 道坂 伸一 森脇 靖子 池村 正幸 森本 宜延 矢野 浩太郎
2011 細田 芳徳 前井 宏之 吉田 泰格 時岡 恭平 五郎丸 正巳 石川 克司 中田 健一 奥田 茂樹 山内  聡
2010 吉田 昌司 多田 裕司 堀家 和博 常盤 有司 北野 修平 齊藤  整 中谷 弥一郎 西村 英人 加藤 浩二
2009 上羽 秀敏 吉岡 亜紀子 臼井 尚 千原 清誠 吉田 環 宮崎 浩充 石川 竜郎 新宅 将人 松永 充弘
2008 川上 桂子 大川 博之 吉本 力 両部 奈穂子 鞍掛 浩 竹原 懋 南 力 谷 和紘 前田 健一
2007 宮崎 主税 戸高 弘幸 板谷 真之 川上 桂子 中山 和俊 垣木 晴彦 合路 裕介 濱野 孝
2006 森下 武一 福本 将彦 音野 太陽 北原 宏修 田中 米蔵 山本 進 小山 靖 山本 淳也
2005 田中 達也 丹下 園美 宇治 美知子 西谷 浩治 今野 信二 竹下 明男 鶴本 祥文 伊藤 寛之 山内 哲文
2004 鮫島 武信 松浦 瑞枝 後藤 裕子 西谷 浩治 三宅 一郎 中島 了 太田 誠治 坂根 剛 井口 和仁
2003 東尾 正博 竹岡 明美
竹口 美穂
鶴本 祥文 中塚 雅也 清水 義仁 並川 鉄也
金 展克
和田 等 岩井 將晃
2002 濱田 俊明 工藤 愛子 藤田 典彦 中尾 真一 小谷 昌崇 山田 威一郎 加野 博 高垣 泰志
2001 福井 陽一 井澤 眞樹子 稲葉 和久 大平 覺 中田 雅彦 松井 宏記 奥田 誠司 山野 宏
2000 福島 三雄 神谷 恵理子 松阪 正弘 古川 安航 椿 豊 島田 明宏 松谷 道子 宮崎 栄二
1999 小柴 雅昭 丸山 温道 清水 敏 田川 幸一 神保 泰三 西 博幸 辰巳 忠宏 松村 直都
1998 吉田 稔 小根田 一郎 曽々木 太郎 北村 修一郎 稗苗 秀三 森本 直之 北原 康廣 村上 太郎
1997 谷川 昌夫 甲田 一幸 川瀬 茂樹 北村 光司 岡本 寛之 藤井 淳 川崎 実夫 上羽 秀敏
1996 竹内 耕三 尾崎 雄三 川瀬 茂樹 森 道雄 宮園 博一 福島 三雄 田中 達也 石田 耕治
1995 坂上 好博 早坂 巧 大西 正夫 松永 勉 津川 友士 西澤 茂稔 大角 美佐子 境 正寿
1994 肥田 正法 秋山 重夫 高田 健市 村上 啓吾 葛西 泰二 大内 暢子 鮫島 睦 原田 洋平
1993 丸山 敏之 斎藤 健治 市川 恒彦 福島 祥人 石野 正弘 西 博幸 尾近 正幸 松下 正
1992 蔦田 正人 鈴木 崇生 沼波 知明 小林 良平 古谷 栄男 小笠原 史朗 細田 芳徳 伊藤 孝夫
1991 板谷 康夫 鍬田 充生 目次 誠 高良 尚志 吉田 昌司 濱田 俊明 和田 充夫 小野 由己男
1990 松本 武彦 板谷 康夫 舘 泰光 室田 力雄 岡本 宜喜 津川 友士 森下 八郎 森下 武一
1989 本庄 武男 中井 宏行 宮崎 主税 中西 得二 松田 正道 福井 陽一 宮川 良夫 児玉 俊英
1988 樋口 豊治 西川 惠清 東尾 正博 西森 正博 渡邊 隆文 玉田 修三 山本 宗雄 伊藤 英彦
1987 矢野 壽一郎 西藤 征彦 日比 紀彦 澤田 忠雄 吉田 博由 中川 博司 伊藤 晃 竹安 英雄
1986 河野 登夫 久保 幸雄 松本 武彦 小森 久夫 奥村 茂樹 竹内 耕三 板谷 康夫 松川 克明
1985 石田 俊男 石原 勝 伊藤 晃 下市 努 津川 友士 澤 喜代治 小原 健志 稲岡 耕作
1984 植木 久一 大和田 隆太郎 小柴 雅昭 宮井 利夫 篠田 實 東尾 正博 吉田 稔 樽本 久幸
1983 小原 和夫 倉内 義朗 尾関 弘 辻本 一義 森田 俊雄 西澤 茂稔 早瀬 憲一 坂上 好博
1982 松井 誠 溝脇 忠司 肥田 正法 清原 義博 福島 三雄 本庄 武男 田中 光雄 菅原 弘志
1981 朝日奈 宗太 津田 直久 河野 登夫 中野 収二 谷川 昌夫 矢野 壽一郎 山本 秀策 石井 暁夫
1980 森脇 康博 大森 忠孝 川瀬 茂樹 柴田 康夫 田村 巌 坂上 好博 東島 隆治 永田 良昭
1979 丸山 敏之 畑岸 義夫 牛久 健司 吉田 了司 掛樋 悠路 川瀬 茂樹 樋口 豊治 小原 和夫
1978 畑岸 義夫 藤本 昇 村田 紀子 宮井 暎夫 植木 久一 牛久 健司 田村 恭生 倉内 義朗
1977 蔦田 正人 杉本 勝徳 西教 圭一郎 西田 新 亀井 弘勝 藤本 昇 木村 進一 前田 弘
1976 田中 清一 大和田 隆太郎 植木 久一 清水 久義 松井 誠 深見 久郎 高良 英通
1975 溝脇 忠司 藤田 時彦 石田 俊男 小谷 悦司 田中 清一 松野 英彦 杉本 勝徳
1974 丸山 敏之 三枝 英二 大和田 隆太郎 朝日奈 宗太 秋山 泰治
1973 小谷 悦司
清水 久義
坂野 威夫 妹尾 鈴弘 五歩一 敬治 小原 和夫

関西特許研究会とは

会員情報の更新をお願いいたします。

KTKニュースの送付、メールでの最新情報のお知らせを行っておりますが、これらが届かない場合がございます。登録された情報に変更があった場合には、お早めに更新をお願いいたします。

*転居等でKTKニュースの送付先が変わる場合、郵便局への転居届に加えて会員情報の更新が必要です。*

「会員情報変更等はこちら」から更新できます。

関西特許研究会・事務局へのお問合せ

会員情報に関する連絡、
お問い合わせは下記にお願い致します。

お急ぎの方 小西 崇仁 <渉外担当幹事>
電話:06-7166-8425

Webサイトからのお問合せはこちら

このページの先頭へ戻る

関西特許研究会

Copyright (c) Kansai Patent Attorneys Study Group All Rights Reserved.

トップページ | プライバシーポリシー | リンク集 | お問合せ | サイトマップ