KTKとはWhat is ktk

Introduction
幹事紹介(現幹事・歴代幹事)

KTK2023年度 代表幹事  佐々木 健一 就任のご挨拶


  • 関西特許研究会 代表幹事
    佐々木 健一

  •  人生、個人的には、入学や卒業、入社、結婚、自宅購入、出産、子供の結婚、孫の誕生など多くの瞬間に遭遇します。でも、歴史的な瞬間に遭遇することは、なかなかないと思います。2022年11月8日の皆既月食見られたでしょうか。日本では次は442年後とのことだそうです。私は、504歳です。たぶん見れません。
     今日12月5日24時からは、FIFAワールドカップで日本対クロアチア戦が始まります。12月6日午前2時には、日本初のベスト8進出の歴史的な瞬間に遭遇しているはずです(現在12月5日13時)。この挨拶文が掲載される頃には、明らかになっています。楽しみです。
     もう一つ、大きな歴史的瞬間に遭遇しようとしています。これは確定しています。
    関西特許研究会のWEBページの歴代幹事の表を見て下さい。この表によりますと、発足は1973年、すると2023年は、関西特許研究会発足50周年の歴史的瞬間の年にあたります。石川先生からの1本のメールで、ほとんど何も考えずに、代表幹事が一番暇かなぐらいの乗りでお引き受けしました。ところが2023年は、関西特許研究会にとって歴史的瞬間でした。
     偉い事になりました。今日の朝気づきました。
     関西特許研究会、KTKを世界響く著名標章に育てて頂いた歴代の幹事の先生方、会員の先生方に感謝し、KTK50周年記念行事や、記念誌の発行等を検討していきたいと思います。
     今年の幹事の皆さん、歴史的瞬間のど真ん中を経験することになりました。覚悟!が必要です。是非!楽しくやりましょう!
    少し興奮して、決意表明はしたものの、肝心の就任のご挨拶を忘れていました。
    まずもって、コロナ禍、懸命に継続して活動されました松下正先生、石川克司先生をはじめ幹事の先生方に深く感謝申し上げます。本来のKTK活動もできず、ストレスいっぱいの3年間だったと思います。2023年ももちろんコロナに注意して、この3年間の幹事の先生方の分も目いっぱい活動させて頂こうと思います。
     KTKに出会って10年になります。初めて参加したのは国際部会の矢部先生の講義。いきなり、「それでは今日は英語でやろか。皆さん大丈夫ですよね」と言われ、えらい凄い勉強会やなあと感心したのを覚えています。2016年訴訟部会の幹事をしたときは、訴訟部会と判例研究班と合わせて2回/月の年24回の会合を気が狂ったように開催したり、当時の梶崎代表幹事の一言で、忘年会でパーフェクトフューマンを踊る羽目になったり、夏季セミナーで当時の知財高裁、高部裁判官のお誕生日会を現地で行なって、以降、普通にメールでやり取りさせて頂いたり、みんなで甲子園まで行って阪神を応援したり、KTKならではの瞬間がたくさんありました。判例研究班も毎月かかさず7年間やって来ました。正直、もちろん会員のためですが、自分が聞きたい先生を班長権限で呼んできている職権乱用かもしれません。こちらも、もちろん続けていきます。2023年も多くの歴史的瞬間を、幹事の皆さんと共有できたらと思います。
     個人的な瞬間は、2020年7月に孫が誕生し、全然自覚はないのですが、おじいちゃんになってしまいました。孫を目に入れましたが痛くありませんでした。嘘です。2023年1月には2人目の孫が生まれます。2人目の孫は、男の子というのが分かっています。KTK幹事のときから癖になった甲子園に早く連れて行って、阪神○○年ぶり優勝の瞬間を一緒に遭遇したいです。これは夢か。。
     2023年幹事一同、KTKの歴史的瞬間を創るべく活動してまいります。皆様のご協力・ご参加をどうぞよろしくお願いします。

KTK2023年度 総務幹事(渉外担当) 赤木 綾 ご挨拶

 

 田中憲治先生の後任として、本年度の渉外担当幹事を務めさせて頂きます赤木 綾と申します。

 私は、弁理士試験合格後すぐに、本年度代表幹事の佐々木先生にお誘い頂き入会し、毎年多くの会合に参加して、会費以上のものを学ばせて頂いております。そのため、そろそろ私からKTKへとお返しをするべきと考え、渉外担当幹事をお引き受けしました。まだまだコロナの影響で制限が多い状態ですが、他の会員の先生方が円滑にKTKでの活動をできるよう 精一杯 努めたいと考えております。至らない点も多々あると思いますが、1年間どうぞよろしくお願い致します。




KTK2023年度 総務幹事(会計担当) 田邊 史行 ご挨拶

 

 このたび会計幹事を担当することになった田邊と申します。
 お酒を飲むのが大好きで懇親会の席では飲みすぎてすぐに寝てしまうヘタレでございます。
 趣味はジョギングで、お酒でとったカロリーを相殺するべく毎日6キロくらい走っております。
 幹事となったからには各研究班、部会、セミナーに懇親会含めて積極的に参加し、コロナ下でたまった鬱憤を存分に晴らしたいと思います。

KTK2023年度 総務幹事(ニュース担当) 赤尾 隼人 ご挨拶

 

 内山務先生の後任として、2023年の総務幹事(ニュース担当)を務めさせていただく、赤尾隼人と申します。
 5年前にKTKに入会して以来、多くの会合に参加させていただき、そして多くの方と交流させていただきました。このたび、幹事就任のお話を頂戴し、KTK運営に貢献できるありがたい機会と思い、お引き受けいたしました。精一杯務めさせていただきます。
 プライベートにおける最近の興味は、旅先で美味しいクラフトビールに出会うことです。駅の商業施設や道の駅の冷蔵ケースに並ぶ、地場のマイクロブルワリーが作ったビールをジャケ買いし、試飲することを楽しんでいます。特技は、バーベキューの炭火管理です。
 KTKでは毎月、多くの会合が開催されていますが、全ての会合に参加されている方はいないか、ごく僅かであろうと思います。KTKニュースは、多くの皆様にとって、参加できなかった会合の内容を知る良い機会になっていると思います。予算等の制約はありますが、できるかぎり読みやすいKTKニュースになるように努めます。一年間、どうぞよろしくお願いいたします。

KTK2023年度 総務幹事(情報担当) 平松 久卓 ご挨拶

 

 佐竹星爾先生の後任として、2023年度の情報幹事を務めさせていただくことになりました、平松久卓(ひらまつひさたか)と申します。
 嬉しいことに、一時よりもリアルで開催されるイベントが復活してきており、ウィズコロナ社会の実現が模索されています。私はロックバンドが好きなので、感染対策をしっかりして、毎月のようにライブ会場へ出向いています。日頃はリモートワークのため家に閉じこもって作業をしているので、とてもよい気分転換になります。
 また、KTKでは、オンライン環境の整備により関西内外からの会合への参加がとても増えました。関東に在住する私としてもオンライン会合の存在はとてもありがたいものです。情報担当幹事として、みなさまに魅力的な会合の存在を容易に知っていただけるよう、環境整備および情報発信に努めてまいります。どうぞよろしくお願いいたします。


KTK2023年度 特許・実用新案部会担当幹事 中西 博行 ご挨拶

 

 

 昨年に引き続き、一年間特許・実用新案部会の担当幹事を務めさせていただきます、中西博行(なかにしひろゆき)と申します。
 KTKは「研究」と「親睦」が両輪です。新幹事の皆様やベテラン班長と協力しながら、この研究と親睦の両輪をさらにフル回転させ、会員が「わくわくするKTK」にしたいと思います。
 一年間、どうぞよろしくお願い致します。
① 趣味:
 カヌー、トレッキング、焚き火キャンプ
② KTK幹事としてやってみたいこと:
 オンラインセミナーが乱立するなか、KTKらしい特色あるセミナー・会合を開催したいとおもいます。
 そのためには会員皆様の協力が必要です。会合へ積極的に参加し、加えて、どんどん幹事会にご意見・リクエストください!

 

KTK2023年度 意匠・商標部会担当幹事 石川 皓平 ご挨拶

 

 德永弥生先生の後任として、意匠商標部会の幹事を務めさせて頂きます、石川皓平と申します。まだまだコロナ禍で、通常とは異なる運用が強いられる現状ではありますが、先人たちによって築かれたオンラインでのノウハウも生かしつつ、リアルのやり取りも織り交ぜていければ良いなと考えております。
 愛猫を撫でながら、のんびり読書をしたりテレビゲームをしたりするのが好きですが、事務所の飲み友達らと楽しく飲んでバカ騒ぎをしたりするのも大好きです。今の人間関係を大切にしつつも、私自身、もともと知財畑ではなく、今お世話になっている事務所が初めての特許事務所で、資格予備校に通うことなく今に至りましたので、ほかの事務所の先生たちとも是非交流を図りたいと考え、KTKに入会させて頂きました。幹事として、会合等を通じて、さまざまな方々と交流を深めていければと意気込んでおります。
 まだまだ未熟で至らない点が多々ありますが、他の幹事のみなさまのお力を借りながら、精一杯務めさせて頂く所存ですので、どうぞよろしくお願いいたします。


KTK2023年度 国際部会担当幹事 喜多 祥章 ご挨拶

 

 北原悠樹先生の後任として、2023年度の国際部会の幹事を務めさせて頂きます、喜多祥章(きた よしあき)と申します。
 最近はコロナ禍の状況も落ち着きつつあり、海外代理人の先生方が来日される機会が徐々に増えてきているように思われます。国際部会ということもあって、前任の北原先生が昨年積極的に開催されておりましたオンラインでの会合が引き続き中心になるかとは思いますが、是非リアルでの会合開催を目標に頑張りたいと考えております。
 また、内容面としては、移り変わりの激しい知財業界におきまして特にホットなトピックや、自分自身興味を持てるような外国実務に関するテーマでの会合を開催していきたいと考えております。しっかりとアンテナを張り、また、ご会員の先生方からもご指導いただけるように積極的に交流をして、魅力的な会合を開催できればと思います。なお、私の趣味が音楽とラーメン屋巡りなので、この観点からも先生方と交流できることを楽しみにしております。
 このような伝統のある会の幹事を担当させて頂くにあたりまして、未だ経験が浅く、至らない点が多々あるかと存じますが、1年間どうぞよろしくお願い致します。


KTK2023年度 訴訟実務部会担当幹事 野呂 亮仁 ご挨拶

 

 田端豊先生の後任として、2023年度の訴訟実務部会の幹事を務めさせていただきます、野呂亮仁(のろ あきひと)と申します。歴史あるKTKの幹事に就任させて頂けることを大変光栄に思います。
 趣味は鉄道旅行とスポーツ観戦(特にJリーグ)です。昨年はJリーグカップ決勝の応援のため、現国立競技場に初めて行きました。今年は贔屓のチームのアウェイ戦に1つでも多く参戦できればと考えています。
 ここ数年はコロナ渦の影響で多くの会合がオンライン開催となるなど、前任の田端先生を含め先輩幹事の皆様は大変なご苦労をされたと思いますが、先輩幹事の皆様が苦心して築き上げられたオンライン会合によって遠方の会員でも気軽に参加できるようになり、KTKの活動の裾野が広がったと思います。この流れは今年も継続していきたいと考えています。一方、コロナ渦以前のリアル(対面)形式での会合に参加した経験から、リアル会合には言葉では言い尽くせない良さがあると思っています。今年はリアル会合とオンライン会合のそれぞれの良いところを活用し、KTKの目的である「研究」と「親睦」を両立させることができればと考えています。
 至らない点も多々あるかと思いますが、1年間どうぞよろしくお願いいたします。


KTK2023年度 親睦部会担当幹事 駒谷 剛志 ご挨拶

 

  この度2023年の親睦幹事に就任いたしました、駒谷と申します。一つ、よろしくお願いします。前任の大森幹事からのお声がけからあまり何も考えずにお引き受けしました。KTKとの付き合いはあまり長くはないものの、コロナ禍でオンラインでの参加が容易になったことから、頻繁に参加するようになり、最近は講演の方もさせていただいたりといろいろご縁をいただいています。
 いろいろある幹事の中で一番苦手というか適任ではない職種(?)の役割を拝命してしまいました上。2023 年はいよいよコロナ「明け」が予想されるので、親睦行事がいよいよリアルに戻ることから、過去数年のKTKにおける経験が何も役に立たないと上に最近の親睦幹事の方のアドバイスも得られないことを危惧をしておりますが、ここは心機一転いろいろなチャレンジをしていきたいと思います。力不足な局面も多いと存じますが、ご協力いただけると助かります。
 最近の趣味は、いろいろな分野で論文ぽいものと書いたり研究したりすることや、大会を目指して体を動かすこと、いろいろなことばでお話ししたり読み書きすることですが、コロナも明けますので、いろいろなところを旅することも再開したいと思っています。
 2023年まだどのような一年間になるか予測不能な1年間ですが、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

歴代幹事

  代表幹事 総務幹事 部会担当幹事
渉外 ニュース HP・情報 会計 特実 意商 国際 親睦 訴訟実務
2023 佐々木 健一 赤木 綾 赤尾 隼人 平松 久卓 田邊 史行 中西 博行 石川 皓平 喜多 祥章 駒谷 剛志 野呂 亮仁
2022 石川 克司 田中 憲治 内山 務 佐竹 星爾 芦田 桂 中西 博行 德永 弥生 北原 悠樹 大森 勇 田端 豊
2021 松下 正 謝 博超 前田 千種 松永 裕吉 塚本 真由子 藤原 由子 德永 弥生 改森 信吾 戀田 剛 三品 明生
2020 松下 正 謝 博超 山本 直樹 松永 裕吉 塚本 真由子 藤原 由子 鈴木 行大 中村 亮太 戀田 剛 三品 明生
2019 吉岡 亜紀子 小西 崇仁 北川 孝之助 久村 吉伸 石田 知里 藤原 賢司 服部 京子 藤原 有希 白鹿 剛 瀬川 左英
2018 齊藤 整 原 智典 藤井 孝秀 奥山 裕治 津田 愛子 古山 裕 宗助 智左子 齋藤 明子 吉本 力 高山 和也
2017 松井 宏記 向林 伸啓 松田 美幸子 白井 宏紀 片岡 泰明 山本 英明 和田 貴志 田中 宏明 杉浦 健文 森本 純
2016 梶崎 弘一 仲 達也 田中 信治 丸山 敏和 濱田 絵美 本田 史樹 田中 景子 山口 慎太郎 松下 計介 佐々木 健一
2015 坂根 剛 楠屋 宏行 大森 勇 藤岡 宏樹 江見 ありさ 大池 聞平 小野 正明 植田 吉伸 青木 覚史 赤塚 雅則
2014 楠本 高義 坪内 哲也 塩原 嘉男 熊谷 仁孝 細田 芳弘 森 俊也 川本 篤 松浦 昌子 小宮山 聰 松浦 かおり
2013 秋山 重夫 小谷 祐介 巴山 俊成 中川 秀人 岩元 浩司 山下 篤 村井 康司 山中 伸一郎 中村 忠則 千葉 美奈子
2012 古谷 栄男 春名 真徳 白鹿 剛   佃 誠玄 道坂 伸一 森脇 靖子 池村 正幸 森本 宜延 矢野 浩太郎
2011 細田 芳徳 前井 宏之 吉田 泰格   時岡 恭平 五郎丸 正巳 石川 克司 中田 健一 奥田 茂樹 山内  聡
2010 吉田 昌司 多田 裕司 堀家 和博   常盤 有司 北野 修平 齊藤  整 中谷 弥一郎 西村 英人 加藤 浩二
2009 上羽 秀敏 吉岡 亜紀子 臼井 尚   千原 清誠 吉田 環 宮崎 浩充 石川 竜郎 新宅 将人 松永 充弘
2008 川上 桂子 大川 博之 吉本 力   両部 奈穂子 鞍掛 浩 竹原 懋 南 力 谷 和紘 前田 健一
2007 宮崎 主税 戸高 弘幸 板谷 真之   川上 桂子 中山 和俊 垣木 晴彦 合路 裕介 濱野 孝  
2006 森下 武一 福本 将彦 音野 太陽   北原 宏修 田中 米蔵 山本 進 小山 靖 山本 淳也  
2005 田中 達也 丹下 園美 宇治 美知子 西谷 浩治 今野 信二 竹下 明男 鶴本 祥文 伊藤 寛之 山内 哲文  
2004 鮫島 武信 松浦 瑞枝 後藤 裕子 西谷 浩治 三宅 一郎 中島 了 太田 誠治 坂根 剛 井口 和仁  
2003 東尾 正博 竹岡 明美
竹口 美穂
鶴本 祥文   中塚 雅也 清水 義仁 並川 鉄也
金 展克
和田 等 岩井 將晃  
2002 濱田 俊明 工藤 愛子 藤田 典彦   中尾 真一 小谷 昌崇 山田 威一郎 加野 博 高垣 泰志  
2001 福井 陽一 井澤 眞樹子 稲葉 和久   大平 覺 中田 雅彦 松井 宏記 奥田 誠司 山野 宏  
2000 福島 三雄 神谷 恵理子 松阪 正弘   古川 安航 椿 豊 島田 明宏 松谷 道子 宮崎 栄二  
1999 小柴 雅昭 丸山 温道 清水 敏   田川 幸一 神保 泰三 西 博幸 辰巳 忠宏 松村 直都  
1998 吉田 稔 小根田 一郎 曽々木 太郎   北村 修一郎 稗苗 秀三 森本 直之 北原 康廣 村上 太郎  
1997 谷川 昌夫 甲田 一幸 川瀬 茂樹   北村 光司 岡本 寛之 藤井 淳 川崎 実夫 上羽 秀敏  
1996 竹内 耕三 尾崎 雄三 川瀬 茂樹   森 道雄 宮園 博一 福島 三雄 田中 達也 石田 耕治  
1995 坂上 好博 早坂 巧 大西 正夫   松永 勉 津川 友士 西澤 茂稔 大角 美佐子 境 正寿  
1994 肥田 正法 秋山 重夫 高田 健市   村上 啓吾 葛西 泰二 大内 暢子 鮫島 睦 原田 洋平  
1993 丸山 敏之 斎藤 健治 市川 恒彦   福島 祥人 石野 正弘 西 博幸 尾近 正幸 松下 正  
1992 蔦田 正人 鈴木 崇生 沼波 知明   小林 良平 古谷 栄男 小笠原 史朗 細田 芳徳 伊藤 孝夫  
1991 板谷 康夫 鍬田 充生 目次 誠   高良 尚志 吉田 昌司 濱田 俊明 和田 充夫 小野 由己男  
1990 松本 武彦 板谷 康夫 舘 泰光   室田 力雄 岡本 宜喜 津川 友士 森下 八郎 森下 武一  
1989 本庄 武男 中井 宏行 宮崎 主税   中西 得二 松田 正道 福井 陽一 宮川 良夫 児玉 俊英  
1988 樋口 豊治 西川 惠清 東尾 正博   西森 正博 渡邊 隆文 玉田 修三 山本 宗雄 伊藤 英彦  
1987 矢野 壽一郎 西藤 征彦 日比 紀彦   澤田 忠雄 吉田 博由 中川 博司 伊藤 晃 竹安 英雄  
1986 河野 登夫 久保 幸雄 松本 武彦   小森 久夫 奥村 茂樹 竹内 耕三 板谷 康夫 松川 克明  
1985 石田 俊男 石原 勝 伊藤 晃   下市 努 津川 友士 澤 喜代治 小原 健志 稲岡 耕作  
1984 植木 久一 大和田 隆太郎 小柴 雅昭   宮井 利夫 篠田 實 東尾 正博 吉田 稔 樽本 久幸  
1983 小原 和夫 倉内 義朗 尾関 弘   辻本 一義 森田 俊雄 西澤 茂稔 早瀬 憲一 坂上 好博  
1982 松井 誠 溝脇 忠司 肥田 正法   清原 義博 福島 三雄 本庄 武男 田中 光雄 菅原 弘志  
1981 朝日奈 宗太 津田 直久 河野 登夫   中野 収二 谷川 昌夫 矢野 壽一郎 山本 秀策 石井 暁夫  
1980 森脇 康博 大森 忠孝 川瀬 茂樹   柴田 康夫 田村 巌 坂上 好博 東島 隆治 永田 良昭  
1979 丸山 敏之 畑岸 義夫 牛久 健司   吉田 了司 掛樋 悠路 川瀬 茂樹 樋口 豊治 小原 和夫  
1978 畑岸 義夫 藤本 昇 村田 紀子   宮井 暎夫 植木 久一 牛久 健司 田村 恭生 倉内 義朗  
1977 蔦田 正人 杉本 勝徳 西教 圭一郎   西田 新 亀井 弘勝 藤本 昇 木村 進一 前田 弘  
1976 田中 清一 大和田 隆太郎     植木 久一 清水 久義 松井 誠 深見 久郎 高良 英通  
1975 溝脇 忠司 藤田 時彦     石田 俊男 小谷 悦司 田中 清一 松野 英彦 杉本 勝徳  
1974 丸山 敏之         三枝 英二 大和田 隆太郎 朝日奈 宗太 秋山 泰治  
1973 小谷 悦司
清水 久義
        坂野 威夫 妹尾 鈴弘 五歩一 敬治 小原 和夫