関西特許研究会トップページ > 会合案内 > 2020年10月22日(木)国際部会【オンライン会合】

会合案内

関西特許研究会の会合案内を掲載しています。会合への申し込みは、会合日前日の13時までとなっております。

2020年10月22日(木)国際部会【オンライン会合】

日時

2020年10月22日 (木) 20:00~21:30p.m

場所

zoomミーティング(申込者に自動返信メールでミーティングルーム情報をお知らせします)

テーマ

中国専利(特実意)の権利化段階の実務面、手続面でのポイント(統計情報を含む)

講師

雙田 飛鳥 先生(北京銀龍知識産権代理有限公司(Dragon IP))

概要

(講師より)
「中国では、2021年の1月から民法典が施行されますが、その1185条には知的財産権に関する懲罰賠償が規定されており、最新の専利法改正案の第71条にも5倍賠償が規定されています。また、2019年1月1日から、発明、実用新案などの専門技術性が高い知財民事訴訟の第二審が最高人民法院で審理されるなど、専利権の保護の強化が推し進められています。

 今回、より強い専利権を確実に取得することの一助になるよう、その専利権の取得段階における実務面、手続面でのポイントを統計情報とともにご紹介いたします。具体的には、中国における特許、実用新案、意匠のそれぞれについて、実体審査(PPH、情報提供を含む)および拒絶査定不服審判(前置審査を含む)に関してご紹介いたします。

 近年、中国では、高額の損害賠償金額が認められている状況ですが、最新の専利高額判例についても簡潔にご紹介したいと考えております。また、代理経験が豊富で日本語での交流が可能な中国専利代理師も同席し、ディスカッションさせていただきます。」

その他

・直前の申し込みの場合は、事前配布資料が間に合わない場合がございますので、ご了承ください。
 ・当日、zoom会合に参加されましたら、ミーティングチャット内にお名前をご記入ください。会合参加者として記録し、後日KTKニュース会合報告に会合参加者として記載します。

(中村 亮太 記)

⇒申し込みはこちらから(KTKニュース記載の「パスワード」要)

                                ※申込みキャンセルもこちらから行ってください

配布資料

配布資料があれば会合当日までにパスワード保護したファイルをこちらに追加掲載します

<< 前へ次へ >>

ご入会・会員情報変更

会員情報の更新をお願いいたします。

KTKニュースの送付、メールでの最新情報のお知らせを行っておりますが、これらが届かない場合がございます。登録された情報に変更があった場合には、お早めに更新をお願いいたします。

*転居等でKTKニュースの送付先が変わる場合、郵便局への転居届に加えて会員情報の更新が必要です。*

「会員情報変更等はこちら」から更新できます。

関西特許研究会・事務局へのお問合せ

会員情報に関する連絡、
お問い合わせは下記にお願い致します。

お急ぎの方 謝 博超 <渉外担当幹事>
電話:06-6809-1995

Webサイトからのお問合せはこちら

このページの先頭へ戻る

関西特許研究会

Copyright (c) Kansai Patent Attorneys Study Group All Rights Reserved.

トップページ | プライバシーポリシー | リンク集 | お問合せ | サイトマップ