関西特許研究会トップページ > 会合案内 > 2020年9月30日(水)特実部会、判例研究班合同【オンライン会合】

会合案内

関西特許研究会の会合案内を掲載しています。会合への申し込みは、会合日前日の13時までとなっております。

2020年9月30日(水)特実部会、判例研究班合同【オンライン会合】

日時

2020年9月30日(水)19:00~20:30

場所

zoomミーティング(申込者に自動返信メールでミーティングルーム情報をお知らせします)

テーマ

進歩性判断における「予測できない顕著な効果」の斟酌

講師

愛知 靖之 先生(京都大学大学院法学研究科)

概要(講師より)

実務上は、進歩性判断において「予測できない顕著な効果」を斟酌しうること自体は認められています。しかしながら、進歩性判断においてなにゆえ効果を斟酌することが許されるのか、効果を具体的にどのような判断枠組みの下でどのように斟酌するのかという問題については、未だ議論が収束しない状況にあります。そこで、最判令和元年8月27日集民262号51頁[局所的眼科用処方物]、知財高判令和2年6月17日令和1年(行ケ)10118号[同差戻審]などを手がかりに、「予測できない顕著な効果」の進歩性判断における位置づけを検討した上で、顕著な効果の斟酌が許される場面を明確化し、これを限定する立場を提示します。

その他

当日、zoom会合に参加されましたら、ミーティングチャット内にお名前をご記入ください。会合参加者として記録し、後日KTKニュース会合報告に会合参加者として記載します。
 ・会合後は、有志による雑談会を予定しています(約30分~1時間)。

(藤原 由子 記)

⇒申し込みはこちらから(KTKニュース記載の「パスワード」要)

                                ※申込みキャンセルもこちらから行ってください

配布資料

ktk20200930.zip
※ファイルはパスワード保護されています。申し込み時にお送りした受付確認メールに記載のパスワードで開封してください。パスワードを忘れた場合は再度申し込みをして受付確認メールを受信してください。

<< 前へ次へ >>

ご入会・会員情報変更

会員情報の更新をお願いいたします。

KTKニュースの送付、メールでの最新情報のお知らせを行っておりますが、これらが届かない場合がございます。登録された情報に変更があった場合には、お早めに更新をお願いいたします。

*転居等でKTKニュースの送付先が変わる場合、郵便局への転居届に加えて会員情報の更新が必要です。*

「会員情報変更等はこちら」から更新できます。

関西特許研究会・事務局へのお問合せ

会員情報に関する連絡、
お問い合わせは下記にお願い致します。

お急ぎの方 謝 博超 <渉外担当幹事>
電話:06-6809-1995

Webサイトからのお問合せはこちら

このページの先頭へ戻る

関西特許研究会

Copyright (c) Kansai Patent Attorneys Study Group All Rights Reserved.

トップページ | プライバシーポリシー | リンク集 | お問合せ | サイトマップ