関西特許研究会トップページ > 会合案内 > 2017年5月16日(火)意匠・商標部会&訴訟実務部会共催※

会合案内

関西特許研究会の会合案内を掲載しています。会合への申し込みは、会合日前日の13時までとなっております。

2017年5月16日(火)意匠・商標部会&訴訟実務部会共催※

日時

平成29年5月16日(火)6:30~8:30p.m.

場所

日本弁理士会近畿支部 会議室

テーマ

(仮題)最高裁平成29年2月28日「EemaX事件」判決をめぐって

パネリスト

立命館大学法学部法学科教授 宮脇 正晴 先生

弁護士                 室谷 和彦 先生

弁理士                 松井 宏記 先生

概要

平成29年2月28日に、不正競争防止法による差止等請求本訴、商標権侵害行為差止等請求反訴事件について、最高裁判決がなされました。同最高裁判決では、商標法4条1項10号を理由とする無効審判請求がないまま設定登録日から5年を経過した後に、商標権侵害訴訟の相手方が、商標法4条1項10号該当をもって商標法39条、特許法104条の3第1項の抗弁を主張することの可否、その場合の権利濫用の抗弁の可否について判断が示されています。また、同最高裁判決では、不正競争防止法2条1項1号の「需要者の間に広く認識されている」の原審の判断について、法令の適用を誤った違法があるとの判断も示されています。

本会合では、この最新の最高裁判決について、パネリスト3名の先生方に登壇いただき、様々な角度から熱き討議をしていただく予定です。

(和田 貴志・森本 純 記)

この研修は、日本弁理士会の継続研修としての認定を受けています。この研修を受講し、所定の申請をすると、外部機関研修として2.0単位が認められます。

受講料について: KTK会員は無料です。非会員の方は5000円です。

⇒申し込みはこちらから(KTKニュース記載の「パスワード」要)
                                 ※申込キャンセルもこちらから行ってください

申し込みが完了しますと、自動返信メールが送信されます。
当該メールが受講票となりますので、会合当日は、当該メールを印刷の上、ご持参下さい。

⇒KTK会員でない方はこちらから(会合名を記入してください。)

<< 前へ次へ >>

ご入会・会員情報変更

会員情報の更新をお願いいたします。

KTKニュースの送付、メールでの最新情報のお知らせを行っておりますが、これらが届かない場合がございます。登録された情報に変更があった場合には、お早めに更新をお願いいたします。

*転居等でKTKニュースの送付先が変わる場合、郵便局への転居届に加えて会員情報の更新が必要です。*

「会員情報変更等はこちら」から更新できます。

関西特許研究会・事務局へのお問合せ

会員情報に関する連絡、
お問い合わせは下記にお願い致します。

お急ぎの方 向林 伸啓 <渉外担当幹事>
電話:06-6364-8128
FAX :073-403-2456

Webサイトからのお問合せはこちら

このページの先頭へ戻る

関西特許研究会

Copyright (c) Kansai Patent Attorneys Study Group All Rights Reserved.

トップページ | プライバシーポリシー | リンク集 | お問合せ | サイトマップ